お問い合わせTEL:04-2960-2006 FAX:04-2960-2007  よくある質問

印鑑の選び方

1、まずは用途に合った印鑑をお選び下さい

実印 ・・・印鑑証明を取り、車や家の購入、相続など重要な書類や契約に使います

銀行印 ・・・銀行保険、契約など金銭に関わる書類や契約に使います

認印 ・・・確認用、三文判(そまつな印鑑)、相手がわかる確認用の印鑑です

※実印、銀行印、認印の三本をお持ち頂き、用途に合わせてお使い頂くことをおすすめします

2、つぎにどなたがお使いになるのかによって大きさも変わってきます

印鑑はよく分身とも言います。その人に合った印材、印鑑のサイズをおすすめします。

実印では、男性が16.5ミリや18ミリ 女性が15ミリや16.5ミリがおすすめです。 銀行印では、男性が13.5ミリや15ミリ 女性が12ミリや13.5ミリがおすすめです。大黒柱である男性は、少し太めの16.5ミリや18ミリのワンランク上の印鑑をおすすめします。

印鑑の疑問

実印と認印違い教えて ・・・実印、認印どちらに捺印しようが本人が捺印したことが証明されれば、法律上の効力は同じとされる場合いがあります。認印だからといって不用意に取り扱って安易に押印したり、あるいは盗用されたりすると取り返しのつかないことになります。

捨印てなに? ・・・捨印とは文書作成後、訂正箇所が見つかった場合に、その都度、訂正印をもらいに署名者のところへ行く手間を省くため、予め欄外に訂正印を押しておくことを言います。署名者が捨印をすると無断で文書内容を変更してもいいですよと言って白紙委任しているようなもの。確かな信頼関係がある場合以外は安易に押すべきではありません。怖い!怖い!

消印を必ず押してくださいね!! ・・・収入印紙の再利用を防ぐ為に印紙と台紙にまたがって押印することを消印といいます。消印をしていないことが発覚すると、印紙税額の3倍の過怠税を取られてしまいます。怖い怖い!

印鑑の紛失・盗難したら どうしたらいいの・・・個人の実印や会社の代表者印を紛失したり、盗まれたりしたときは直ちに市区町村役場や登記所にその旨を届け出て、紛失した印鑑の印鑑証明書の交付を受けられないようにします。更に改印届を提出して、失くした印鑑の実印としての効力を失わせなければいけません。はんこは本人のサインと同じです 怖い怖い!

印鑑の保管方法はどのようにしたらいいの ・・・はんこは必ず印鑑ケースに入れて保管しましょう。印材は生き物です。印鑑ケースに守られていないとヒビが入ってしまったり、変色したり、落ちて欠けてしまったり。。。どんなご印鑑でも保存方法によってもちは全く変わりますまずは捺印をしたらよく印面をよく拭いてくださいこれだけでもちは変わります そういえば捺印するとこと頭がいっぱい特に木の印材は水分には弱いですよね 

印鑑のQ&A 

Q 印鑑の再彫刻はできますか

A お作りできますので、お気軽にお問い合わせ下さい 料金は左サイドバー 印鑑再彫刻料金表を見てください

Q 印鑑登録はすぐできますか

A 市町村区の役所、出張所で本人が本人である証明のできる免許証・パスポート・健康保健証等をお持ち頂ければその場でできます

Q 認印で実印登録はできますか

A 印鑑登録は各市町村の条件で決まっています。市町村によって異なりますが、一生使う印鑑ですので、欠けづらくマネしづらい物をおすすめします

Q 同じ印鑑は作れますか

A 当社では、全く同じ印鑑の彫刻は一切しておりません また印影の保管・保存ははしておりません

Q 旧字や作字の名前は作れますか

A FAXでご注文頂ければお作り致します

Q アルファベットの彫刻はできますか

A 銀行印は3文字、実印は6文字まで彫刻致します。文字数6文字以上はFAXにてご注文下さい

Q 名前だけで彫刻できますか

A 名前だけの彫刻もしておりますが、市町村役場によって実印登録のできない場合もありますので、市町村役場にお問い合わせ下さい  

Q その他の質問 

その他ご質問 ご不明な点がございましたらお気軽にメール又はTELにてお問い合わせ下さい    

ページトップへ